スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの首相の来日

モンゴルの首相他大臣数名が来日していますが、明日明後日はサムライ債を発行したく、日本の大手金融機関数行を訪問するようですね。
経済危機が起きていると言われているモンゴルですが、果たして日本での資金調達はうまく行くんでしょうか。。。

by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

モンゴルの現状  その 2

外国によるモンゴルへの投資を急激に減らす事となったモンゴルの戦略的アセットの保有規制法については、現在その廃止が検討されています。オーストラリア等が採用している投資を認可する機関を設定する計画があります。

最初からこうすれば良かったのでしょうが、この辺はフロンティアマーケットにつきもののリスクです。明らかに政治家のミスハンドリングです。来週来日する予定になっているモンゴルのアルタンホヤグ首相は、2012年8月からモンゴルの首相なのですが、このミスハンドルの責任を追求されており、野党からは辞任を求められています。

同時に問題となっているのが、オユトルゴイ銅山とリオティントの駆け引きです。 
モンゴルのGDPの3割を占めるとも言われているオユトルゴイからの銅の輸出は二度も延期されました。
三度目の正直でやっと正式に中国に出荷される事になりました。 
この延期の理由には、リオ側の投資金額が最初に想定されていた金額より大きくなり、それによりリオ側へのリターンの配分が多くなるというような事をモンゴル政府に事前に説明していなかったとか、モンゴル政府がオユトルゴイからの輸出の代金をモンゴル国内の銀行に入金させるようにリオ側に求めた所、リオ側が難色を示したとかが理由と言われています。
いずれにしても、この二社の関係はスムーズではないようです。私にはどちらが悪いのかは分かりませんが,どっちもどっちのような気がします。

何故この話が大事かというと、これによりモンゴル政府が外国投資家にどのような態度をとるのかのベンチマークとなるからです。モンゴル政府としては、リオふざけるなという気持ちが強いと思うのですが,ここでその気持ちを正直に表現すると誰もモンゴルに投資をしてくれなくなる訳です。ですので、ロシアと違う民主主義のモンゴルとしてはその辺は外交的に上手に振る舞わなければなりません。

現在モンゴル政府とリオがもめているのは、オユトルゴイの#2のプロジェクトです。今年やっと始まった出荷は、露天掘りと言われる物で地上にある銅を掘るのですが、#2は地中の銅を採掘する事になり膨大な追加投資が必要となります。また彼らはこの投資でもめているのです。

リオ側は、この#2の投資についてはモンゴル政府の許可が必要と主張、モンゴル側はいやそのような許可は必要ないと意見が食い違うのです。 何となくリオ側がモンゴル政府を動かしているように思えます。
繰り返しになりますが、このプロジェクトが進まないと一番困るのはモンゴル政府のはずです。他のモンゴルに入ってくるであろう他の投資に影響を与えるからです。#2についてモンゴル政府は、ロンドンでリオ社と話し合いをすべくモンゴル政府の代表者を送る事になっています。

今週末は元英国首相のトニーブレアがウランバートル入りし、リオ問題とFDIについて話し合いをするようです。

輸出が減り外貨が減り、外貨準備高も急激に減った為モンゴル通貨のツグリグ安が止まりません。
来週のモンゴル首相の来日の最大の目的は資金援助と言われています。人の良い日本としては何らかの協力をしてあげるのでしょうが、よく考えてやるべきでしょうね。

By ochorin



参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

モンゴルの現状  その 1

モンゴルの現状 その 1


何故モンゴルへの投資が激減したのか? 

オユトルゴイに纏わるモンゴル政府とリオ・ティントの間の綱引きはただならぬものがあります。オユトルゴイ事業の成功はモンゴル国の将来にとって大変重要なことです。それをわかってかリオはモンゴル政府の足下を見ている感があります。彼らのやり取りの行方はモンゴルへのFDIに大きな影響を与える事になります。そしてそれは、為替レート、経済に大きな影響を与える事になります。
この話をする前に、モンゴルのおかれている経済的な立場を説明したいと思います。

今年1Hの海外からモンゴルへの直接投資額は43%と激減しました。これは昨年モンゴルが外国からの投資規制を厳しくした事が大きな原因となっています。ここ数年モンゴルには豊かな資源がある事が分かり外国人の投資家や外国の資金が入ってきました。これは一般的にこの国に取っては大変良い事なのですが、そうで無い側面もあります。外国が自分たちの国の貴重な財産を奪って行くという危機感です。彼らが最も恐れているのは中国です。歴史的な背景もあるのでしょうが、一般的にモンゴルは中国を恐れていると同時に彼らの存在抜きでは生きて行く事ができません。モンゴルの中国からの輸入は全体の約4割を占め、中国への輸出は全体の9割もしめるのです。自給自足できないモンゴルは必要な物資を中国から輸入するしかないのです。もし、中国がモンゴルとの国境を閉鎖したならば、モンゴルにとっての経済的なダメージは計り知れません。実際中国は過去にモンゴルとの国境を閉鎖した事実があります。モンゴルの反応を見たかったのかもしれません。とても中国らしいですね。
中国もモンゴルの資源が必要なのですが、中国は海に面していますので他の国から必要な資源を輸入する事ができます。では、モンゴルの北にあるロシアはどうかというと、モンゴルが衛星国であったソビエト時代とは状況が大きく違います。輸入でこそロシアは全体の26%を占めるのですが,9割を中国が占めるなかロシアのシェアは高くありません。このような事実もあり、モンゴルは非常に微妙な立場におかれています。

2012年の事ですが,モンゴルは自国の戦略的アセットの外国企業による保有を規制する法律をつくりました。
きっかけはモンゴル南部に大規模の炭坑を保有しているサウスゴビ社の経営権を中国のチャルコ社が取得しようとしたためです。中国政府の意図に対抗してモンゴル政府はサウスゴビ社の保有する炭坑のライセンスを国家保安上の理由で停止したのです。これは明らかにモンゴル政府が中国によるモンゴルの資源資産の保有を恐れたためと言われていますが,モンゴル政府にしてみたら中国だからダメとはっきり言う訳にはいかなかったのでしょう。そこで外国の国営企業による所有は認めないという法律になってしまいました。
今まで企業が持っていた炭坑のライセンスを、モンゴル政府が無効にするという行動にでたのを海外企業はいやがりました。これでは自分たちの投資が保護されないという恐れで多くの資源関連の会社がモンゴルを去ったといいます。

これがモンゴルへの直接投資を大幅に減らす理由となり、自分たちの首を絞め始めたのです。

(以下続く)



by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

OTの銅の出荷が7月9日から始まると決定したようです

モンゴルの鉱山大臣のツイッターによると、オユトルゴイからの銅の出荷は7月9日に開始されるそうです。
様々な問題は解決したと。 待ち疲れましたね。でも国にとっては良い事です。
TRQにもプラスでしょう。


by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

大統領選挙後のモンゴル経済

昨日の選挙ではエルベドルジ大統領が再選されましたが、選挙後のモンゴル経済の見通し良好です。

理由は大統領選挙の結果がでる前に多くの投資計画が保留になっていました。政権交代による政策変更を恐れていたからです。現状維持という事で投資が再開されます。

現地からの報道によると、モンゴルでは国のイニシアチブで低所得者向けの低金利住宅ローンが始まっています。
現在18%の住宅ローンの金利がこれにより8%に下がったのです。これはかなり大きいですよね。

これによりモンゴルの銀行は先週一週間で400億円相当の借り換えの受付がされたそうです。
毎年18%金利を払っていたのが10%減る訳です。これによる消費に与える影響は計り知れません。
例えば5万ドルの住宅ローンを18%の金利で支払っていると金利の支払いだけで年間9000ドルですが、これが8%に下がると4000ドルに減りますから、5000ドル浮く事になります。
日本でも5000ドル(約50万円)は少なくないですが,モンゴルの平均的な家庭の月間収入は500ドル(約5万円)と言われています。 
モンゴル人の性格からすると、このお金は貯金に回るのでなく、消費に回ると思われます。
この消費が経済に与える影響は馬鹿に出来ないでしょう。

このような状況に加え、オユトルゴイの輸出も始まるでしょうから。
少しバブルが懸念されますね。

今回のモンゴルの大統領選挙についてですが、今回の有権者の投票率は65%なのだそうです。それでも前回(2009年)と比べると8%低いそうです。

では、また。

by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。