スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSCI指標に仲間入りするロステレコム株

BRICsの四カ国の市場の中で今年最も上昇している国はどこだと思いますか?

ロシアなんですね。

年初から3月29日までのリターンは、MSCI(ドル建て)でロシアが10.57%上昇、一方で、ブラジルが1.54%、中国が2.32%、インドが14.66%の下落となっています。

しかもルーブルは対円で10%上昇と、人民元+3%、レアル+3.4%、ルピー 2.3%と比べひときわ目立って上昇です。

という事でロシア銘柄の話を一つ。

ロシアの長距離通信のロステレコム社は昨年6月、8つの地方電話会社と合併すると発表。

最近世界的に競争力を高めるため色々な業種でM&Aが活発です。

ロステレコムはROSYYのティッカーシンボルでアメリカ市場(ピンクシート)でも取引可能です。

ロステレコム社HP

MSCIによると、ロシアのロステレコムがロシアの8つの地方の電話会社との合併の後、MSCIロシアインデックス、及びMSCIエマージングマーケットインデックスに採用される可能性があると発表。

あるロシアの大手証券会社の予想によると、ROSYYがロシア指標に占めるウェイトは現在の0から1.3-1.6%くらいで、EM指標に占めるウェイトは0.1%となると見ています。

時価総額が40億ドルなので、インデックスファンドは4-7億ドルのロステレコム株買いの需要が起きる可能性があるという事です。

30日の引けは $36.25。  年初からほぼ2割上昇しています。

by ochorin


御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします  
    ↓

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

モンゴル政府とロンドン証券取引所の合意について


御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

今年に入りモンゴル政府の一機関であるモンゴル財産委員会(MSPC)とロンドン証券取引所(LSE)は戦略的パートナシップの合意に達しました。 これはモンゴル証券取引所(MSE)の改革と発展の為の合意であるとモンゴル政府は発表しています。


(モンゴル証券取引所 by ochorin)


LSEはMSEの発展と民営化をサポートして、取引所の取引のインフラ整備、市場の監視に必要なインフラの面で協力するという事です。 これにより市場の規制改革が行われ、デリバティブ、ETFの上場が可能になる訳です。

二年間以上IPOがなかったMSEですが、この合意をきっかけにMSEでのモンゴル企業の資金調達が活発化すると思われます。

LSEにとっての今回の合意のメリットは、モンゴルという世界最大級の未開発の資源国家の取引所との合意により、今までNASDAQに出遅れていたフロンティアマーケットに参入する事ができました。

来年上場を伴う民営化が予定されているエルデネス・タバン・トルゴイ社は、MSE上場に加えて、LSE上場となるのではと言われています。

2010年から20年にかけて世界で最も成長する国の一つといわれているモンゴルの金融市場、ロンドン証券取引所というグローバルな証券取引所による協力体制も整いました。 世界の大手機関投資家が参入できるインフラができるのも時間の問題となりました。

モンゴル株式市場のブルマーケットは今まさに始まったばかりと言えるでしょう。



株式投資は自己責任でお願いします。

御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

中東どうよ?

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

f12.jpg

先月FIグランプリがアラブ首長国連邦の首都アブダビで開催されました。

正直オチョリンはカーレースは全然興味ないのですが現地の金融業界の知り合いからのメールだと、
これは中東を国際的なレベルに持ちあげた大変なイベントであり、中東地域に対してネガティブだった連中を黙らせるようなイベントだったとの事です。

オチョリンは一度だけアブダビを訪問した事がありますが、ドバイを比較して落ち着いた町だった印象があります。

f13.jpg

アブダビは石油資源豊かな町であり、F1の為に建設された建築物は前例のないスケールだった。
株価も11カ月の高値更新しており、センチメントは改善していると。


f1.jpg

ちょっと一休み感のある中東ですが、F1は中東 fight back! のきっかけになるのでしょうか?

by ochorin

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。