スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア証券取引所上場1号予定 テレコム・カンボジア - カンボジア訪問記 その2

御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

カンボジア証券取引所上場一号予定
 
テレコム・カンボジア   




カンボジアの首都プノンペンでは、証券取引所開設第一弾の上場銘柄であるテレコム・カンボジア(TC)のCEOにお会いし、お話をお伺いする事ができました。


(Telecom Cambodia 本社前 ochorin撮影)

TCの主要な事業は、固定電話、光ファイバーの回線ネットワークの運営、国際電話、ISPサービスなどに分かれています。

カンボジアの人口は約1400万人ですが、固定電話の利用回線はたった3万回線だけだそうです。 
しかも、VoIPの発達で、固定電話の売り上げは年々減少との事。
一方で、携帯電話の利用者数は700万回線と、人口の半分が携帯電話を所有している計算になります。しかし、一人で複数の携帯を所有している人も多いようですので、実際の利用者は700万人を下回ると思います。

携帯の利用者が固定電話の加入者数を大きく超えるのは今世界的に皆そうなっていますので、驚くには値しません。
カンボジアには既に9つの携帯電話の会社があるようで、彼らは4Gのサービスを提供する事により携帯事業に参入していきたいという事でした。 ただ、その為に必要な資金は5000万ドルくらいという事でどうやって資金調達を行うかが現在に悩みの種のようです。 

また、TCはカンボジア全土にある光ファイバーの回線ネットワークを保有していますので、そのネットワークを利用しWIMAX業務を始める意向があるようです。

2009年の売り上げは2900万㌦、10年が3100万ドル、また11年は3400万ドル、一方、ネットインカムは同期間400万ドルと変わらずという事です。 トップラインが伸びても、ボトムラインは増えないという典型的な国定企業だと思いました。

現在国際電話の通話料金の51%は国に支払っており、TCは残りの49%しかもらっておらず、CEOは将来的には政府への支払いを30%へ下げていきたいとおっしゃっていました。

どの国でもそうですが、携帯事業をやっていない通信会社は収益構造的に儲けにくくなっていますから、上場後4G事業が成長のキーかと思います。


カンボジアの証券取引所の成立にいたるにあたっては、韓国取引所がかなり積極的に働きかけをしました。
その努力が実り、カンボジア証券取引所はカンボジア政府と韓国取引所との合弁となります。

同じように来年開設される予定のラオスの証券取引所も同じスキームのようで韓国が絡んでいます。

モンゴル証券取引所も海外の証券取引所との提携を模索していますが、同じように韓国勢も名前が挙がっています。

日本の証券取引所の名前は聞きません。せっかく歴史のある、アジアを代表する証券取引所の一つである東京証券取引所も積極的に出て行くべきだと思いますが、そういう発想はないんでしょうね。 それからすると韓国のアグレッシブさはこんなところでも関心させられます。

ちなみに、カンボジアにいる韓国人の数は4千人程度らしいのですが、日本人は1000人くらいなんだそうです。
韓国からは大韓航空と、アシアナ航空の両方がカンボジアに乗り入れています。

テレコム・カンボジアの上場に際しての主幹事を務めるのも韓国の大手証券会社の予定です。

続く

by ochorin

御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

証券取引所オープンを来年に控えたカンボジア訪問記 その1

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村



カンボジア訪問記 その1


12月の初旬に中国、ベトナム株投資で著名なtさんが主宰するカンボジアの視察ツアーに参加してきました。
カンボジアは2011年7月には待ちに待った株式市場がオープンする予定になっています。
カンボジアの人口は1500万人ですが、14歳以下が人口の50%という大変理想的な人口ピラミッドを有する国です。 首都プノンペンの人口は100万人です。 
経済成長は、金融危機の前の2006年、7年には10%を超えるGDPの伸びを記録していましたが、世界金融危機のあおりを受け、2008年には+5%へとスローダウン、2009年に-1.5%の落ち込みとなりました。 英国の調査機関のEconomist Intelligenceによると11年には5.1%、12年には6.3%が予想されています。インフレの方は2011年、12年で5%程度を予想しています。
2009年の国民一人当たりのGDPは1882ドルですが、2012年には2169ドルへと上昇する見通しです。


日本からの直行便はありませんので、バンコック、ホーチミン、シンガポール、クアラルンプール、ソウル経由で入国となります。 羽田発バンコク行きの深夜便が出来ましたので、東京を夜中に出発、カンボジアの首都プノンペンに朝9時到着します。




カンボジアというと、貧困、内戦というイメージが浮かび上がりますが、空港から市内のホテルまで感じた印象は他の東南アジアの都市と同じような雰囲気があり、街は活気があります。他の東南アジアの大都会との大きな違いはというと、高層ビルがあまりなく、ハイウエイがない事でしょうか。
ただ、道には秩序なくオートバイがあふれ、道を渡るのは一苦労です。





地球の歩き方を読むと、いまだに内戦時代からの武器が回収されていなく、気をつけるようにとあり、最初は緊張して行動していましたが、二日目にはなんとなくですが、街の雰囲気も分かってきて、そのような心配はそれほど必要ない印象を持ちました。
短期滞在者ですので、限定的ではありますが会話をする機会がある現地の人たちは皆、極めて自然な笑顔いっぱいで挨拶してくれました。

証券取引所のオープニングは資金不足や法整備の問題などから業務開始が延期されてきたようですが、今回の予定は守られそうで実際来年の7月には証券取引が開始されそうです。上場企業の候補は、通信大手テレコム・カンボジア、港湾管理、飲料水の供給を手掛ける国営企業他約20社が予定されています。
(続く)

by ochorin

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

カンボジアの株式市場ってどうなの?

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

オチョリンの知り合いの知り合いでカンボジアの金融庁に相当する機関の為にコンサル業務をしている外国人と会いました。


カンボジアの証券市場にかかわっている人に会いたかったからです。

多分彼はかなり強気の事を言うだろうと思っていました。

あまり多くは書けないのですが彼曰く、

「カンボジアは次のフロンティアマーケットとして魅力はあり、それないの株式市場ができると思う。
でも、カンボジアの市場には二つの大きな問題があると。

一つは、クオリティの高い上場企業の候補がなく、且つ、皆が上場したがっているわけではないね」

二つは、市場規模の割に多すぎる証券会社に認可が下りるだろうという事です。

彼とのミーティングは短時間で、なんとなくのニュアンスしかとれませんでしたが、

最後に彼がぽつんと言ったのは、

「一年前はカンボジアについて凄くエクサイトしていたけど、今はそれ程凄いとは思ってないね」

正直彼の真意は理解できませんでした。

日本でも、ベトナム・カンボジア・ラオス3国成長株ファンドというのが販売され始めました。

国としては成長のある国々なのだと思いますが、実際にこのファンドが良い投資対象になるかはわかりません。 少なくともカンボジア・ラオスの証券取引所がオープンするまでは、このファンドはベトナム株ファンドです。 まあ、それはそれで投資妙味はあるとは思いますが。。。

by ochorin







お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。