スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のお金持ち (ロンドン編)

世界のお金持ち (ロンドン経験編)

今日も欧州地域の空港がオープンしません。

ochorin 今日も日本に帰れません。


アイスランドの火山灰困ったものです。

オチョリンはデスクワークがあるのでホテルの部屋は出たくないのですが、部屋の掃除をしてもらわなければならないので、1時間程散歩に出かけることにしました。 

5分くらい歩いて行くと、アメリカ人らしい旅行者が”Execuse me "と来たので(正確に言うとexcuse meと聞いてアメリカ人と判断)、ochorinは地元の者でないからわからないよ と心の準備をしてたところ、
「ハードロックカフェ(米系のハンバーグレストラン、日本では六本木にあり)どこか知ってる?」

それならオチョリンのホテルの隣にあったので、「あっちの方向に3分歩くと右手にあるよ」と教えてあげたのでした。

だいたいいつも外国で道を聞かれても知らないことが多いのですが、今回は別です。
いかにもロンドン住んでるの長いんだぞといわんばかりに。

1時間くらい散歩した後、ホテルに戻りました。

部屋に戻ったらまだ掃除が終わってなかったので、一回のロビーのソファーに座った待っていた時の事です。

突然雰囲気の違うお客さんたちが御一行が到着し、オチョリンの前を通り過ぎて行きました。

その時ホテルの偉そうな人がその人達(10人弱の御一行様)に、Welcome back!とか言って歓迎したあと、「本日到着したのはあなたたちと他数名のお客様だけです」なんてスモールトークを言っているのが聞こえました。 


その時は何も考えてなかったのですが、数分してからホテルの外にでたら、なんかめちゃ高そうなベンツ三台がホテルの入り口のところに泊っていたのです。

気になったきっかけはその3台の車のナンバープレートです。

英国のプレートではなく、EUの物なんです。

つまり、英国外から運転してきた車だという事です。

そしたらオチョリンの後ろではホテルの荷物置き場から大量の高級スーツケースが運ばれていったのです。

この段階ではオチョリンなんかとっても気になったので、

その荷物についている航空会社のタグとかを見にいったのです。

ホテルの人に怪しまれないように上手にです(笑)

その荷物についていた住所は、某中東の国のでした。

そういえば、さっきのホテルの偉そうな人とそのお客様の御一行様のうちの二人が左の頬と右の頬交互にくっつけ挨拶してましたね。

その荷物についている航空会社のタグは First Class、そして VIP とついてました。

話をつなげるとですね、この御一行様は、中東のお金持ちの家族で、本日パリをリムジンで出発。
(飛行機が飛んでないからです。本来なら勿論ファーストクラスだったでしょう)

ドーバー海峡を渡るフェリーにその3台のリムジンを載せて英国入り。 たった今ロンドンに到着したところだったのです。

ちゃんと裏を取りました(笑) 

ホテルのドアマンに聞きました。

「さっきEUナンバーの高級大型車が三台あったけど、あれってパリ(これはオチョリンの勘です)から来たんだよね?」 
「そうです」

「ふうん、パリからな何時間くらいかかるの?」

そのドアマン同僚に聞いてくれて、

「フェリーの待ち時間とかも含めて7時間くらいだと思います」

なるほど。 ユーロスターという高速電車でロンドンからパリは確か3時間弱だからまあ、ベンツで飛ばして、フェリー乗り換えてそんなものかなと。  

「あの御一行様、すっごくお金持ちなんだよね?」

小声で「そうです、すっごくお金持ちのお客様です」


最後の仕上げにコンシェルジェで確認。

「ロンドンからパリまで車でいくらくらいかかるんですか?」

「実は昨日ロンドンからリスボン(ポルトガルの首都)までホテルの車で行かれるお客様がおられまして

その方の料金は5000ポンドでした。 パリまででしたら2000ポンドくらいじゃないでしょうか」 

リズボンまで70万円くらい、パリまでなら30万円弱ですかね。 

という事は、この中東の人たち車3台ですから100万円くらいかけてパリからやってきたんですね。


彼らのスーツケースは20近くありましたし、間違いなくオチョリンが泊っているような小さな部屋ではないですね。

スイートルームにお泊まりなんでしょう。 


という事で今フロントに聞いてみます。

「すいません、こちらで一番高いお部屋はおいくらですか?」

「今空きはないので(勿論そうでしょう)今の料金はお伝えできませんが、来週ですと一番高いお部屋は4000ポンドです」 (税金入れて60万円くらいですか) 

う~ん、確か東京の近年できた外資系のホテルは一泊150万円とかテレビで見た記憶がありますからまあ、上には上はあるんでしょうが。 

まあ、一泊60万で十二分でお金持ちですよね。  

あの人数だと間違いなくスイートルーム(ちなみにロイヤルスイート)を3部屋は取ってるでしょうから、ホテル代だけで180万円。

プラス

パリからのお車代が100万円。 

そして今晩のご夕食ですが(オチョリン勝手に想像させてもらってます)、まあそういう人たちが安いとこには行かないでしょうから、どうでしょう安く見積もって飲み物込で一人200ポンド(3万円弱)でしょうから、計30万くらい?

オチョリンの見積もりですと(全く余計なお世話ですが)、彼らは本日1日で少なくとも300万円くらいは使っているはずです。

まあ、普通の航空機に乗っているようですから、プライベートジェットは持っていないお金持ちなのかも(全く余計なお世話ですよね。。)しれません。 

お金がすべてではないというものの、あるに越したことはありません。

オチョリンの家の庭から(庭ないですけど。。)石油でも出ればいいなと思った1日でした (それかよ最後は!?)

by ochorin




にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。