スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク証券取引所 アジアセル社の上場について

今日は話はイラク株に飛びます。

ちょっと前になりますが、2月3日にイラクの携帯電話会社のアジアセル社がイラク証券取引所に上場しました。 上場価格は22IQD(イラクディナール)、4日から取引が始まりました。 2月19日現在株価は22.75IQDです。時価総額は約49.5億米ドル。

アジアセル社はイラクで990万人(2012年9月末現在)の携帯契約者数と、契約者数で2番目に大きな携帯電話会社です。2009年から契約者数は年間10%成長。2011年末の統計によるとアジアセル社がイラク携帯市場で38%のマーケットシェアを、最大手のZain Iraq社が53%、Korek社が9%のシェアとなっています。

アジアセル社の特記すべき特徴は、契約者数のシェアでは2番目ですが、売上げで見るとイラクで一位の座を誇っています。その理由は他社比ARPUが高い為です。アジアセル社のARPUは$14.6に対し、Zain Iraq社のARPUは$11となっています。結果として、2012年9月の段階の売上げのシェアは43%を占めています。
アジアセル社のネットワークはイラク最大で、人口の97%をカバーしています。

イラクの携帯電話利用率は77%と一見高そうなのですが、これは他の中東諸国の例えばUAEの230%、クエートの183%等と比べるとまだまだ成長の機会があります。過去12ヶ月の収益をベースにしたPEレシオは約10倍です。

筆頭株主はカタールのカタールテレコム社が53.9%、残りの56.1%がイラク人の投資家達です。今回はイラク人の投資家が25%売却しました。 その7割を外国人投資家が、3割がイラク人投資が購入しています。

この上場によりイラク証券取引所の時価総額のほぼ半分が通信セクター(アジアセル社のみ)、次いで銀行セクターが41%、その後はホテル・観光セクターが3.3%などです。

以上上場資料より。

by ochorin

★★ 投資は自己責任で。


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

でましたイラク株投資ファンド

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 



先週アラブ首長国連邦首都にある運用会社のI社からイラク上場株に投資する「Iraq Opportunity Fund」の設定の案内がメールで送られてきました。

イラクはモンゴルに次いで、今後10年間で大変魅力的に考えている株式市場です。

このファンドの運用者は日本の株式投資の雑誌でも時々紹介されているDさんのようです。

Dさんはオチョリンもお会いした事がありますが、日本に滞在されていたこともあり、非常に日本語が堪能な優秀な方です。

ファンドのテーマは「The next frontier in Middle East investing」(中東投資における次のフロンティア)。

ファンドの案内書によると、イラク株に投資をするメリットとしては、 

1)まだイラクに投資をしていない投資家がほとんどである中、今投資をする投資家は先行者利益が得られ、長期に渡り高いリターンを享受できる。

2)イラクは世界第3位の石油資源国である事。 現在11の石油開発案件がロイヤルダッチシェル社などグローバル企業と締結されている。 

3)2007年から海外投資(FDI)が大きく増加。

4)マクロ環境の好転 
2010年、11年のGDPは7.3%、7.9%の予想 (IMF)

5年前に80%だったインフレが現在は5%まで、また市場金利も20%から6%へと改善

為替(イラクデナール)は対ドルで安定 (実質対ドルでペッグ)
などなど。

外国人投資家は現在市場の3-4%位らしいので、本格的な投資はこれからだと思います。よって、確かに早く投資をするひとは先行者利益のメリットを受ける事は間違いないでしょう。 

このファンドの問題は、最低投資金額が50万ドル(約4000万円)と普通の人には手が出ない事です。

また、他のほとんどのフロンティマーケットに上場している企業であれば、企業訪問によりファンダメンタルの個別企業の調査が可能ですが、イラク株についてはまだまだセキュリティ上自由に企業訪問ができないという問題もありますね。ただ、今後そのような問題も解決していくでしょうし、リスクのとれる冒険心のある投資家には間違いなくイラク株投資は大変興味深い投資だと思います。

by ochorin



頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

イラクの銀行株

1日1回の応援クリックをしてから見ていただきありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 



長期出張でして久しぶりにアップします。

10月の15日はCitigroupの決算発表です。
コンセンサスは赤字のようで、最近株価が動かないのも決算に対して懐疑的な投資家が多く皆様子見だからだと思います。 さあ、実際はどうなのでしょうか? 意外と悪くないかも知れないとochorinは思っております。

Ochorinは今年の二月くらいからイラクの株式市場をモニターしており、バグダッドにあるラビー証券会社の人とコンタクトを取っています。

最近イラクにある銀行の2Qの決算発表の調査レポートを送ってもらいました。

ワルカ銀行(Warka Bank)という時価総額は$9300万(84億円程度)の大手銀行の一つです。

warka.gif


正式名称はWarka Bank for Investment & Financeという銀行で、1999年11月にイラクで個人によって設立された最初の銀行です。イラク全土に70の支店を(そのうち25はバグダッド市内)、350のATMを有しています。

先に発表された2009年2Qの営業利益は2009年1Q比なんとほぼ3倍になっているんです! ID45億→ID157億です。 1ID=イラクディナールは約0.077円ですから、3億5千万円の営業利益が12億円に増えた計算です。経常収益は+102%、一方経費は+67%のみと素晴らしい決算をだしています。

株はイラク証券取引所上場です。

株価の方ですが、現在1株ID1.46。 過去1年間の高値はID1.70、安値はID0.85。 過去1年間で48%の上昇です。 

では、バリュエーションはどうでしょう?

08年のEPSはID0.22ですが、09年の1HのEPS はID 0.39。 何とPEレシオはたったの3.78倍です!

しかも、ワルカ銀行は今年の5月には47%の株式配当を行っているのです。

最近日本ではこのようなおいしい話はあまりありませんが、このような発展途上国の株式市場においては今だに大幅な株式配当が行われたりするのです。

HP (↓)を見てもらうと分かりますが、イラクの銀行だからと馬鹿にしてはいけません。 クレジットカードや、オンラインバンキング、携帯バンキング、証券取引業務などもやっているんです。

ワルカ銀行のHP

日本のメディアだとイラクに関するニュースは血生臭い話しか報道されません。 実際問題は山のようにあるのでしょうが、一方で、 イラクの経済活動は着実に進んでいるのです。


イラクの株式市場はイラクの経済のオプションです(この場合レバレッジがある=市場は中長期的に何倍にでも上昇する可能性を潜めているという意味です)

長期的に非常に魅力的な株式市場の一つだと思います。

チャレンジ精神のある人は日本にいてもイラク株を買うことができますよ。。。

by ochorin


1日1回の応援クリックをしてから見ていただきありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

イラク株式市場 アップデート (7/5/09付)

先週はバイデン米副大統領が就任後初めてイラクを電撃訪問。イラクの駐留米軍は先月末までに、都市部から戦闘部隊を撤退させたばかりであるが、バイデン氏の訪問には、治安が再び悪化する事がないよう、安定化を後押しする意図があるといわれています。

一方、先週のイラク株式市場ですが、先週はイラクディナール建てのインデックスで1.1%の下落、ドル建てでは0.2%の上昇と、穏やかなイラクディナールの上昇が見受けられました。

iraqstockex.jpg 
(イラク証券取引所)


今年に入って三月くらいからイラク株の指数であるRSISX indexは、1200ポイントから1400を抜ける短期のラリーを経験しましたが、現在は1200レベルまで下落しています。

先週一週間の出来高の方ですが、円貨にすると2750万円程度で、三月にマーケットがラリーしていた時の10分の1程度となっています。

今年になって全銘柄の電子取引を行うべく、イラク証券取引所は取引システムインフラののアップグレードを行っており、先週は週三日の商いのうちニ回は電子取引はお休みとなりました。

そんなこともあり、先週は商いがあったのも取引所上場銘柄のうち5銘柄程度だけです。

これから夏に入ってきますが、他の中東地域の株式市場と同じように、これからイラクの株式市場も静かな展開となるのではと思われます。



モチベーションアップの為、以下のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

banner_22.gif

ランキングはこちらをクリック

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

イラク株: バグダッドにも株式市場があるんです その1


イラクの株式市場が日本でも脚光を浴びるようになってきましたね。

そうなんです、イラクにも株式市場がありきちんと機能しているんです。

P10106810.jpg 
イラク戦争終了後2004年6月にイラク証券取引所は再開されています。

イラクの株式市場の時価総額は5月30日現在で約25億ドルです。

イラクのGDPは1128億ドルですから、国の経済の規模からみても、
他国との比較でもまだまだ小さい市場です。

ちなみに2008年の2月の時価総額は17億ドル程度でしたので、1年間でほぼ50%時価総額が増加しています。


現在21の銀行、4つの保険会社、9つの投資会社、
11のサービス業関連、28の工業、10のホテル、
7つの農業関連の企業と全部で90の企業が上場していますが、
銀行株が時価総額の70%を占めています。

ここ一週間の商いはたったの1億6000万円程度です。

年初からの市場のドル建ての上昇率(RSISX)は+3.49%なんですが、
銘柄によっては大幅に上がっているものがあります。
例えば、Economic Bank for Investmentは年初から100%の上昇です。

イラクは国の経済を立て直しているさなかですから、
特に銀行株には投資妙味があると思います。

これから目が離せない株式市場になりそうですね。

また、アップデートします。

by ochorin



モチベーションアップの為、以下のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 



banner_22.gif

ランキングはこちらをクリック



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。