スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のアメリカ株は強いのか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 




アメリカでは昔から「五月には株を売って、市場から去ってしまえ」(Sell in May, and Go Away!)という格言があります。

歴史的に5月はマーケットのパフォーマンスが悪いので5月には株を売って、しばらく休んだ方が良いというようないみです。

ただ最近は必ずしもそうではないようです。 

過去100年間の統計ですが、五月のダウ工業株指数は53%の確率でプラス。 
そして、その平均的な月間リターンは+0.009%。

過去50年間だとほぼ半分の確率でプラス、平均は+0.14%のリターン。

これが過去20年間の平均だと65%の確率でプラス、そして+1.8%までなったそうです。

むしろ6月の方が弱く、

過去100年間だと49%の確率でプラス、0.35%上昇なのですが、

過去50年間だと46%の確率でプラス、平均-0.51%。

過去20年になるとプラスのリターンの確率は40%、平均的月間リターンは-1.02%です。

歴史が繰り返すのであれば、5月末に株を売って6月末に買い戻すというのが正解のようです。

何故なら7月は70%の確率で上昇、平均的な月間リターンは1.15%だからです。

ただ、長期の投資にはあまり関係ないですけどね。

by ochorin


お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。