スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のモンゴル

御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


火曜日のテレビ東京でちょっとモンゴル特集ご覧になりました? 
時間的には長くなかったですが、ビジネス・サテライトでは、モンゴルをこれから期待の国と評価してましたね。

番組に中で、モンゴル南部中国国境からそれほど遠くないところに位置する銅金の開発を行っているアイバンホー・マインズ社とモンゴル政府が合弁で開発しているオユトルゴイ鉱山の様子が少し出ていました。

このオユトルゴイ鉱山は現在5500人が働いているそうですが、生産が開始される2012年末には10,000人(モンゴル政府との決まりにより90%以上はモンゴル人)が雇用される予定なんだそうです。

図1 (建設中のオユトルゴイ銅金鉱山)

12月半ばにモンゴル国家統計局から発表された統計によると、今年11月の半ばでのモンゴルの資源の輸出は57.5憶ドルと、昨年から52%増加。全体の輸出の29.6%は石炭、26.4%は銅、鉄鉱石が8.6%、金が6.3%などとなっています。

オユトルゴイ金銅鉱山の開発は順調に進んでおり、この鉱山の生産がフルに始まる2013年にはオユトルゴイからの輸出のおかげでモンゴルのGDP成長率は年30%を超えると言われています。

アイバンホー・マインズ社のCEOロバート・フリードランドさんによると、オユトルゴイには最大1億トンの銅、3125トンの金が眠っているのだそうでう。銅の現在の価格で計算すると銅の価値だけで78兆円の計算になります。(12月29日のLMEの銅のキャッシュ価格は9464ドルです)

big2.gif
(アイバンホー・マインズ社の株価(NYSE:IVN) 金融危機の真っただ中には株価は2ドル割れでした)

2010年のモンゴルのGDPは5000億円程度と予想されています。もし本当にオユトルゴイに1億トンの銅が眠っいるとすると、その銅の価値だけで現在のモンゴルのGDPの150倍以上となります。今後の銅の価格のの見通しは大変明るいと言われています。勿論2012年の銅の価格はわかりませんし、もしオユトルゴイに1億トンでなく、仮にその半分の5000万トンあるとしても、それは39兆円というとてつもない価値になります。

先ほど2012年のGDP成長率が30%を超えると書きましたが、ある金融機関の予想だとその年には50%を超えるという予想もあります。予想はあくまでも予想とはいうものの、明らかなのはモンゴルの2012年のGDP成長率は大変な事になるだろうという事です。

GDPが30%を超えるなんて、一体この国には何が起きるのでしょう。中国と違い人口もたったの280万人。
実際GDPが30%を超えるような状態になったら、モンゴルには大変なバブルがやってくるんでしょうね。

日本から見ると大変羨ましい限りです。

by ochorin

(ここで用いた数字、予想はochorinが信頼する筋から得たデータですが、数字の正確性を保証するものではありません。投資は自己責任でお願いします。)


御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。