スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで牛乳の値段が倍になる?

アメリカで牛乳の値段が倍になる?

お久しぶりです。

アメリカに住む友人から牛乳の値段が来年倍に値上がりするとのメールをもらい、どういう事かと調べてみました。

アメリカには農業法案という連邦政府により農場の生産と価格を規制する法案があり、この法令は5年ごとに米国議会により可決される必要があります。この法案は総括的なもので毎回修正が加えられており、国際貿易、環境、食料の安全性、農村の福祉などにも影響を与える可能性がある為、非常に重要な法案と言われています。

牛乳の値段もこの法案により規制されています。現状ではこの法案が年内に可決されない可能性があり、そうなると現在一ガロン当たり$3.65なんと倍を超える8ドルくらいまで上昇するかもという事なのです。なぜか?
アメリカ政府が農家から牛乳を決められた安い価格で買い上げているのが、この法案が可決されないとそれが出来なくなるようなのです。悪い事に、この法案が年内に可決されないと、自動的に1949年版の乳製品価格安定法が適用されるのですが、この安定法は複雑な計算方法がありその通りに牛乳の価格を計算すると一ガロン当たり6ドルから8ドルくらいになるんだそうです

何故このように重要な法案が可決されない可能性があるのか?
世界的に注目されている例の財政の崖が関係しているんですね。
米政府の支出を削減するなか、政府による農業関連の助成金にも影響がでる恐れがあるようなのです。

平均的なアメリカ人は食料関係の支出の10.6%を乳製品という事でアメリカ人の家計を圧迫することになります。
アメリカでは既にこの夏の歴史的な干ばつのせいで牛乳以外の乳製品の価格は急上昇しているそうです。 それ以外にも、チキンウイング、ポテトチップス、ハンバーガーの価格が最高20%も上昇しており、干ばつによる豚のえさの価格上昇により来年はベーコンの不足が懸念されているそうです。米農務省によると前年比3.5%多く食料品の出費を余儀なくされているアメリカ人なのですが、来年も新たに3-4%程度食料品の支出が増えそうなのだそうです。

アメリカも大変ですね。。。

調べれば調べるほど複雑な仕組みのようですが、ざっと調べたら以上のような話のようです。

By Ochorin




参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

スポンサーサイト
プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。