スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領選挙後のモンゴル経済

昨日の選挙ではエルベドルジ大統領が再選されましたが、選挙後のモンゴル経済の見通し良好です。

理由は大統領選挙の結果がでる前に多くの投資計画が保留になっていました。政権交代による政策変更を恐れていたからです。現状維持という事で投資が再開されます。

現地からの報道によると、モンゴルでは国のイニシアチブで低所得者向けの低金利住宅ローンが始まっています。
現在18%の住宅ローンの金利がこれにより8%に下がったのです。これはかなり大きいですよね。

これによりモンゴルの銀行は先週一週間で400億円相当の借り換えの受付がされたそうです。
毎年18%金利を払っていたのが10%減る訳です。これによる消費に与える影響は計り知れません。
例えば5万ドルの住宅ローンを18%の金利で支払っていると金利の支払いだけで年間9000ドルですが、これが8%に下がると4000ドルに減りますから、5000ドル浮く事になります。
日本でも5000ドル(約50万円)は少なくないですが,モンゴルの平均的な家庭の月間収入は500ドル(約5万円)と言われています。 
モンゴル人の性格からすると、このお金は貯金に回るのでなく、消費に回ると思われます。
この消費が経済に与える影響は馬鹿に出来ないでしょう。

このような状況に加え、オユトルゴイの輸出も始まるでしょうから。
少しバブルが懸念されますね。

今回のモンゴルの大統領選挙についてですが、今回の有権者の投票率は65%なのだそうです。それでも前回(2009年)と比べると8%低いそうです。

では、また。

by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。