スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル株の魅力再考

今回はモンゴル株の話です。

一昔、といっても今から一年前くらいですかね、日本でもモンゴル株が一時的にブームになった事があります。
モンゴル相撲ブームと株価は直接は関係ないんですけどね(笑)

ochorin実は1度モンゴル訪問したことがあります。

2006年の11月くらいで、それはそれは寒い時期でした。

大韓航空のソウル経由のフライトで、到着は夜中の零時過ぎです。

ソウルからのフライトはほぼ満席、ウランバートルの空港到着後
窓口が2つしかないイミグレーションでかなり並んだ記憶があります。

到着した次の日は現地の証券会社や、不動産会社を訪問しました。

(不動産関連興味ある人は ↓
 http://ochorin.blog37.fc2.com/blog-entry-51.html  でお読みくさい)

訪問した証券会社はBDSECという、
当時株式市場の商いの6割を占めるという国で最大手、
モンゴルの野村証券みたいな会社です。
logo.jpg


ただ、訪問した彼らのオフィスは
それはぼろなビルの一角に位置しており、
英語の通じないモンゴル人のタクシーの運転手も
なかなか見つからないような住所でした。 

その時のモンゴル証券取引所の
1日あたりの売買代金は600万円程度だったと思います。

MSEトップ20の株価指数も2007年の11月くらいに
9000レベルで底をつけ、その後2008年4月には
13000の高値をつけました。  

aaa.gif
↑モンゴルトップ20インデックスのチャートです。

ただその後はこの小さな株式市場もサブプライムの影響を
間接的に受け、現時点では5000レベルまで下落しましたが、
現在底をつけた感があります。

2006年の冬から、2008年の4月に高値を付けるまでの株価の上昇は
ものすごいものがありましたよ。

このモンゴルの野村証券のようなBDSEC社の株は
2006年の秋くらいに100ツグリグ(MNT)で上場しましたが、
その後ぐんぐん上昇。

ピーク時には何と、何と
4000ツグリグの高値をつけました。
1年半以内で上昇率40倍ですよ! 

BDSECのチャートです↓ みにくくてごめんなさい。
cccc.gif
まあ、現在は2000ツグリグまで下落しましたが、
それでもIPO価格から20倍の上げです。

まあ、こういうのがエマージングマーケットの投資の醍醐味だと思いますね。

という事で、現在一休み中のモンゴル株式市場ですが、
今年の4月8日にはあのテンプルトンの
マークモビアス氏がブルームバーグの取材に答える形で、
テンプルトンは初めてモンゴル株式市場に
投資をするかもしれないと発表しました。

マークファーバー氏も、
中国とロシアの真ん中に位置する天然資源の潤沢なモンゴルは、
次のサウジアラビアであると最近書いています。

ochorin今年モンゴル株の暴騰の可能性も大いにあると睨んでいます。
本当にテンプルトンが入ってくると市場のイメージが変わってくるでしょう。

2006年まではここの株式市場は正直言って寝てました。 
コモデティ価格の高騰で、市場のre-ratingが起きました。

余談ですが、この上げ方はちょっと前のルーマニアの株式市場の
上げ方に似ています。


上場企業は、先に述べたBDSECの他、

テレコムモンゴリア(モンゴルのNTT)

ゾース銀行

アノッド銀行

ゴビ (カシミア製造)

APU (アルコール飲料、食料品)

タパントルゴイ (鉱山)
など。

昨年IPOした
建材小売のヘルメス、建材製造のレミコンなんてのもあります。

 ↓ BDSEC社の発表しているBDS Indexです。 こっちの方が見やすいですね。
dddd.png

正直バリュエーションはあまりあてになりません。 

フロンティマーケットの会社は大体においてそういうものです。

買うのなら時価総額の大きい企業の株を買うことになります。
トップ10の企業が時価総額の7割近くを占めてます。

非常にのんびりした国ですが、投資妙味の多い株式市場の一つです。

では、モンゴル国の基本的なデータを見てみましょう。

モンゴルは2004年から平均年率8.1%のGDP成長率を実現。

また、国民一人あたりのGDPは過去3年で倍増です。

人口はたったの260万人ですが、若者の多い国で
その人口ピラミッドは大変理想的な形をしており、
直近の人口増加率は2007年で1.5%になっています。

BRICSに代表される中国は間違いなくサブプライム後も
世界の成長を牽引するでしょう。

モンゴルはその中国の最大の輸出国となっており、
モンゴルの輸出量の70%も占めているんです。

モンゴルの魅力は非常に豊富な資源ですね。
銅、金、モリブデン等が眠っています。
カシミアでも有名ですよね。

昨年モンゴル政府関係の方を
銀座でしゃぶしゃぶのお店で接待したことがありますが、
その方とは次回モンゴルに来たら必ず連絡してくれと
硬い握手を交わしました。

羊の丸焼きをごちそうするからと。

今年また行かなきゃと思っています。

羊の丸焼き楽しみです。。。


by ochorin

以下クリックご協力お願いします!


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 


banner_22.gif


スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。