スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!初のモンゴル企業香港証券取引所上場

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 


本日(10月13日)Mongolian Mining Corp (HKSE: 975 HK)という企業が香港証券取引所に上場しました。 

この会社はモンゴルで原料炭(coking coal)ビジネスに特化している会社です。 

金額的には540億円程度の資金調達ですが、これはモンゴル的には大変大きなイベントでした。
なぜなら現在のモンゴルの株式市場の時価総額はたったの750億円程度ですから、今回の1社のIPOでモンゴル企業の時価総額を70%増やした訳です。

しかも、モンゴルの今年のGDP予想が50億ドル(4000億円程度)ですから、なんと今回の資金調達分だけでモンゴルのGDPの13%強に相当する事になるんです。
 
報道によると、このIPOは全体で5倍以上の需要があり、個人投資家だと10倍だったそうです。

これはモンゴルに籍を持つ会社で海外上場は初めてのIPOです。

アイバンホー・マインズ(NYSE:IVN)にしても、モンゴリアン・エナジー(蒙古能源 HKSE:276 HK)にしてもモンゴルで事業を行っている会社なんですが、モンゴル籍の会社ではありません。

そういった意味で今回のIPOはモンゴルにとって大変意味のあることなんですね。 

石炭というと中国とオーストラリアが生産地として有名ですが、中国の石炭は地下に埋まっており、オーストラリアの石炭は昔から掘って入る為かなり枯渇状態で掘るのにかなりコストがかかるのだそうです。
それからするとこのMMCは露天掘り(open-pit)鉱山なので、地下まで掘る必要がない為コストが安いようです。

昨年の原料炭の生産量は180万トンでしたが、今年は380万トン、2013年には1470万トンまで増産する計画なんだそうです。 5年間で生産量は約8倍に増える予想です。

MMCの会長はブルームバーグTVのインタビューで会社の戦略を語っていましたが、彼は英語堪能なビジネスマンです。 日本の多くの企業と違い、英語で堂々と会社の戦略を世界中の株主に英語で語れる経営者は素晴らしいと思いました。

彼は今回のIPOで調達した資金で,モンゴル内の他の原料炭や鉄鉱石の鉱山などを買収したいと語っていました。

株価はHK$7.02で値決めされましたが、これは2011年の予想EPSをベースにするとPEレシオは12.6倍程度なんだそうです。

さて肝心のIPO初日の引け値ですがHKD7.35と値決めのHKD7.02を4.7%上回って終了です。
商いは一億8000万ドル(US)、146億円程度となりました。


ところで皆さん、日本って未だに世界最大の石炭輸入国だって知ってました?

世界の石炭貿易量の約25%を日本が輸入しているんだそうです。

意外な事実でした。 ちょっと驚きです。

by ochorin

是非ワンクリックを宜しくお願いします↓


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。