スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年定期預金金利が15.6%のモンゴルの銀行

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 


前に少しふれましたが、モンゴルの銀行では高金利の預金の機会があります。

澤田ホールディングの澤田さんが大株主のカーン銀行(Khan Bank)http://www.khanbank.com/ での、モンゴル通貨であるツゥグリグ(MNT)建ての一年定期預金は13.4%です。

また大手銀行の一つのゴロムト銀行(Golomt Bank)http://www.golomtbank.com/ の現時点での一年定期預金は15.6%です。

ドルの一年定期でも8.4%です。

資金のニーズが高い国だからですが、素晴らしい投資(貯金?)の機会ですね。

オチョリンの友達も100万円の現金(一万円を100枚)持ってモンゴルに向かい、銀行口座を開設した人がいます。
モンゴルの高金利の話は、作家の堺屋太一さんが4-5年前テレビで説明しているのをみましたが、モンゴルの高金利いまだ健在です。

日本人にとって、外貨投資はドルでもユールでも円高で最悪の状態ですが、ツゥグリグは対円でツゥグリグ高ですので、金利+為替高の恩恵を受けています。

しかも、ツゥグリグは今後のモンゴルへの海外からの資金流入を受け、対ドルで数年後には1000ツゥグリグ(現在約1300)割れが予想されています。

リスクを取れる人は是非お勧めです。

残念ながらモンゴルの銀行口座は現地でしか開設する事が出来ませんので、どうしてもウランバートルまで行く必要がありますが、その価値は十分あると思います。

モンゴルの銀行は金融危機のあおりを受け、大手二行が破たんしましたが、それももう歴史の一ページです。現在残っている銀行は無事生き残ってきた銀行で、破たんのリスクは極めて低いと思われます。

By ochorin

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> モンゴルに行けば 口座開設大丈夫なのですか?
> 住所が日本でも 良いのですか?
> パスポートと後何が必要ですか?

しばらくブログ更新できませんで、コメントも見れませんでした。

モンゴルに行けば口座開設できます(少なくとも今年6月までは)

日本の住所でも大丈夫です。

必要なのは、パスポート、パスポートサイズの写真です。

オチョリン

リスキー!

モンゴルはまだまだ政治面でも安定していないし、銀行がいつ倒産するか分からないからお金預けるのはリスキーとモンゴル人の友人が言ってましたよ!気をつけるべきではと思います。

No title

これともう一箇所どこかのホームページでモンゴルへ観光で行っても銀行口座作れるとか書いてあったけど、そんなの絶対うそに決まってるよ!そしたら世界中のブラックマネーがそちらに回ってくるし、もし本当にあるとしたら絶対違法なはず。違法で儲かってもいつかは罰せられるに決まってる!!!万が一の時は預金講座を凍結させられ、全部奪い取られかもよ。

Re: No title

コメント有り難うございます。
銀行の預金金利が高いという事はその国の資金の調達コスト、インフレ率、為替レートの見通しなど、それなりの理由があっての事であり、それには当然国のソブリンリスクが高いという事も含まれています。
決してオチョリンはこのブログでモンゴルの銀行で口座を開こう! とプロモートしている訳では有りませんのでご理解の程を宜しくお願いします。

ただ、事実として,オチョリンの友人でもモンゴルへ観光で行って現地の大手銀行で口座を開設した人は何人も知っていますので、観光客だから絶対銀行口座の開設が出来ないという事はありません。それは、香港でも、アメリカでも、オーストラリアでも、ベトナムでも同じです。国というより、銀行の方針に影響される事が多いように思います。

以上宜しくお願いします。

オチョリン


> これともう一箇所どこかのホームページでモンゴルへ観光で行っても銀行口座作れるとか書いてあったけど、そんなの絶対うそに決まってるよ!そしたら世界中のブラックマネーがそちらに回ってくるし、もし本当にあるとしたら絶対違法なはず。違法で儲かってもいつかは罰せられるに決まってる!!!万が一の時は預金講座を凍結させられ、全部奪い取られかもよ。
プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。