スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイバンホー株(NYSE: IVN) の下落について

頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

朝起きたらアイバンホー(NYSE: IVN)の株価が4ポイント下落し、24.99ドルで引けた事に気がつきました。

久しぶりに大きな下げでしたので、最近の米国金利の上昇から来るドル高が、コモディティの下げをもたらし、よってアイバンホー株の下落を招いたのかと思いました。8日は金は1.4%、銀は4.6%下落したものの、IVNの主な資産である銅の価格は+1.5%。という事でコモデティ価格は関係なさそうです。

調べてみたら8日に発表になったアイバンホーとリオティント(NYSE: RIO)の合意の中に気になる条項があったのが理由のようです。
合意の主なポイントとしては、世界第三番目の資源会社であるリオが、アイバンホーに対し13億ドルの現金の支払いと18億ドルの融資、そして、リオのアイバンホーの持株比率を現在の35%から最終的に49%まで引き上げるなど。 とりあえずリオの持ち株比率はは42.3%まで引きあがります。 この合意によりモンゴルにある世界最大級の銅山であるオユトルゴイ鉱山の開発は資金の心配がなくなったといえます。

市場が嫌がったのは、リオは持ち株比率を引き上げる為に、ワラントを行使しアイバンホーの株に希薄化が起きるというところのようです。 正確な希薄化はわからないのですが、3億ドル分のシリーズBのワラントを行使し発行済みの株数が増えると報道されています。

オユトルゴイとは、モンゴル語で「ターコイズ(トルコ石)の丘」という意味で中国の国境から80キロに位置する世界最大の未開発の銅金鉱山です。

図1
(アイバンホー・マインズ社提供: 現在建設中のオユトルゴイ銅金鉱山)

銅金の生産は予定より半年早い2002年の後半に生産が開始されるようです。
今年の夏には4000人しかいなかったオユトルゴイ鉱山の労働者数はもうすでに5500人に増えています。
このオユトルゴイプロジェクトの66%の持分はアイバンホー、34%がモンゴル政府となっています。

今年の春には、アイバンホーがリオ以外の投資家を探しているような思惑があり、リオとの関係が悪化したのですが、どうも最終的にはリオがアイバンホーを買ってしまいそうな感じになりましたね。

今まで株を1株も売らなかったアイバンホーのCEO会長であるロバート・フリードランド氏が今回始めて自分の持っている株をリオに売却する発表しました。 ここをを市場が嫌がったのかも知れません。 

ただし、報道によると、この合意は両者にとってポジティブ。 今日の株価の下げは明らかに下げ過ぎのような気がします。

by ochorin 


頑張って書きます! ↓ ワンクリックを宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

株の初心者様、
どうもありがとうございます!
ochorin

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びに来ます。
> ありがとうございます。
プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。