スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルジアの株に投資しませんか?

グルジアというと昨年8月のロシアとグルジア間の紛争を思い浮かべる事と思います。

このロシアとの武力衝突が、グルジア経済に深刻な影響を及ぼしました。 

それに加えて世界的な景気後退も拍車をかけています。

グルジアの主要産業は、農業、食品加工業、鉱業です。 

余談ですが、グルジアはワインの栽培、ワイン醸造文化発祥の地と言われており、美味しいワインで有名です。

ochorinも飲んだことがありますが、確かに美味しかったです (^0^)

2007年のCIAによる(そうですあのCIAです)2007年の経済成長率の最も高い国の世界ランキング13位の国でした。

IMFの推定によるGDPは128億ドルで、世界で114番目の規模となっています。

国土は69,700平方キロで、アイルランドとスリランカの間くらいの広さです。 

もっと判りやすく言うと日本の大体1/5くらいに相当します。

そんな小さな国なんですが、しっかり株式市場があるんです。

158銘柄が上場していますが、他のエマージングマーケットと同じで、
リクィデティのある銘柄は限定されます。

その株式市場には、G&T Indexというインデックスがあります。 

そのインデックスは10銘柄で構成されていますが、
そのインデックスのフリーフロートの6割を占めているのが、
Bank of Georgia(バンク オブ グルジア)です。 

それ以外はTeliani Valley, Caucasus Energy & Infr. とかありますが、時価総額は少ないです。

このインデックスに入っている10銘柄の時価総額は、たったの298億円程度です。

しかも、その10銘柄のうちの7銘柄は今年になって一回も取引がありません。  
そんなマーケットなんです。


そして、3月最後の週は一銘柄も取引がありませんでした。

ちなみにインデックスは年初からドル建てで36%の下落。  

グルジアの通貨であるグルジア・ラリは1USドルに対し1.649ラリで、
年初からほとんど変っていません。

VTB Bank Georgiaというのが最も時価総額の大きな上場企業ですが、
フリーフロートは10%しかなくリクィディティ的には問題ありです。

そういった小さなマーケットで、日本人の我々には縁がなさそうですが、
実はBank of Georgia
ロンドン証券取引所にGDR(ドル建て)が上場しており外国人でも自由に買えるんです。

27日の引けは3.90ドル、

過去一年間の高値は32ドル、今年の2月25日に安値の1.6ドルをつけています。


ge.png

株価は安値からは倍以上ですが、
今後グルジアの経済回復のプレーとして大変興味がある銘柄ですね。

Bank of Georgiaは、企業向、個人向けの銀行業務の他、資産運用、証券業務、また、ベラルーシ、ウクライナでも銀行業務を行っています。

by ochorin

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

オール株式情報ランキング

ランキングはこちらをクリック

banner_22.gif
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。