スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つのTT (タバントルゴイ)

モンゴルには二つのTTがあります。

TTとは Tavan Tolgoi(タバントルゴイ)の略ですが、タバントルゴイとはモンゴル南部に位置する炭鉱エリアのことです。 

ここに、モンゴル証券取引所に上場しているタバントルゴイ社と、エルデネス・タバントルゴイという未上場の会社があります。エルデネスの方はまだ国が保有しており、今民営化の検討がされています。
日経の一面に記事が出ていた炭鉱の事です。

TTの鉱山には計8000万トンの石炭がある一方で、エルデネスTTの鉱山には60億トンの石炭があるといわれており炭鉱の規模が全く違います。

最近のモンゴル政府の発表では、このエルデネスTTの民営化の際には、すべてのモンゴル国民が一人当たり550株がもらえることになりました。 

また、モンゴルの企業は一社当たり30,000株がもらえるそうです。

結果として、今年の第一四半期中にモンゴル国民に発行済み株式数の10%を、モンゴル企業に10%配る事になるそうです。

モンゴル政府は今年中にエルデネスTTのIPOを実施したい意向がありますが、モンゴル証券取引所(MSE)と海外市場に上場させることを検討中という事のようです。

オチョリンは、今年からMSEにはロンドン証券取引所がアドバイザーになると決定されましたから、ロンドン証券取引所に上場可能性が高いのではとみています。

モンゴルでは二年くらいIPOの上場が行われてきませんでした。このメガIPOが行われたら、市場の時価総額は現在の900億円くらいから、軽く数倍の大きさになるのではないかと思います。

by ochorin


御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ



 
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エルデネス・タバントルゴイ社のIPOは、モンゴル経済の成長を加速させるか!?

世界トップの投資銀行がモンゴルで大激戦という英フィナンシャル・タイムズの記事を興味深く読んだ。 未開発の石炭鉱床を所有する国営企業エルデネス・タバントルゴイ(Erdenes-Tavantolgoi)の新規株式公開(IPO)へ参画する権利を獲得するために、ゴールドマン・サック...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。