スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ関連株式投資銘柄

豚インフルエンザのニュースが世間を騒がしています。

2003年のSARSの時に関連銘柄がどのような動きを取ったか調べてみました。

WHOのデータによるとSARSの患者数(中国を除く)は、
3月13日から3月28日までの間に700人程度に増えていき
世界的な注目を得るようになっていきました。

ウォール街のエコノミストによる、
SARSが経済に及ぼす影響についてのレポートが出始めたのは
4月の初旬だったような気がします。

手元にある当時のエコノミストの最初のレポートは4月4日付になっています。

では、株式市場は当時どう反応したでしょうか?

個別銘柄で見ていきましょう。

最も影響がでるのは航空会社、ホテルなどの旅行関係ですね。

キャセイ航空(293 HK)は、
3月24日に14.189ドルで引けた後、

4月25日までの約1ヵ月間で7.936ドルまで下落(-44%)

全日空(9202)で3月25日からほぼ同期間で26%、

日本航空(9205)は25%、シンガポール航空で20%の下げとなっています。

また、中国旅行代理店でる香港中国旅行社(China Travel International Investment HK)

(308 HK)は30%程度下げを演じています。

では、

今回の豚インフルエンザは株式市場にどのような影響を与えるでしょう?

今回の事件は、株のリスクプリミアムが高まった一方、

投資の機会を提供してくれています。

Ochorinが以下の銘柄が気になります。

InterContinental Hotels Group PLC (NYSE: IHG)

ホリディ・イン、インターコンチネンタルホテル、

クラウンプラザなどのブランドで有名な

インターナショナルなホテルチェーンです。

メキシコで106のホテル(17,502部屋)を所有しているメキシコ最大のホテル会社で、

現時点で66のホテルをオープンする計画を有しています。

IHGの株価(ADR)は3月24日の9.9ドルの高値から28日の9.27ドルへ下げています。 


IHG.gif

27日は豚インフルエンザの影響で寄りは9.4ドルと50セントギャップダウンしてオープン。 

メキシコのエクスポージャーが高いというパセプショんが影響していると思います。

では、事実はどうでしょう?  

メキシコ最大のホテルという事実がありますが、

世界的にはIHGは620,000部屋を有しています。

つまりメキシコのエクスポージャーは2.8%のみです。


Grupo Aeroportuario Pac (NYSE: PAC)というADR があります。

正式名称は、Grupo Aeroportuario del Pacifico SAB de CVで、

メキシコの太平洋、中部地方で空港の運営をしている会社です。 

時価総額は1000億円程度の会社で、

毎日数十万株商いがありますから売り買いは問題ないでしょう。


PAC.gif

こちらは24日の引けの24ドルレベルから、

27日は21ドルでオープンと3ドルギャップダウンしました。

昨日の引けは20.58ドルで少し戻しましたが、

万が一今後下がるような事があれば、

絶好の買いのチャンスだと思います。

最初に書き忘れましたが、
2003年に株価が下げた後
その後株価はどうなったでしょうか?


日本の航空会社は2か月、

キャセイや香港中国旅行社は3か月くらいで株価は無事戻っています。

メキシコの空港も利用者が減って、収益にもダメージを与えるんじゃないか?

Yes and No です。

空港運営会社のビジネスモデルですが、

空港はフライトスケジュールを維持しなければならない一方で、

旅客を呼び込むために値下げを余議されるエアライン会社よりも

底堅く推移する可能が高いと言われています。 

航空運営会社は利益率が相対的に高く、

通常、次年度の空港利用料の値上げを通じて、

いかなる一時的な損失も取り戻すことが可能な規制面の構造的優位性を

一般的に擁しているからです。


とはいうものの、メキシコに多く乗り入れている

アメリカン航空 (NYSE: AMR) $4.75 (2009/4/28)や

コンチネンタル航空 (NYSE: CAL) $10.57 (2009/4/28)も

これから大きく下げる局面があればトレーディングのチャンスがあると思います。


Ochorin, 世の中のパセプション(Perception)とリアリティ(Reality)のギャップに
投資のチャンスがあると考えます。


両方の銘柄とも、今回のサブプライムに問題に端を発した株価の下落の最悪期を脱し、戻り基調の途中での事件でした。 市場はもう一度安値で買うチャンスを与えてくれたと思っています。


by ochorin

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

オール株式情報ランキング

banner_22.gif

ランキングはこちらをクリック

スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

豚肉で資産運用

ここは素直に豚肉で資産運用がわかりやすいと思いまして
CFDで赤身豚肉(リーンホッグ)と冷凍豚バラ(ポークベリー)に挑戦してみようかと。
騰落にいろんな要素が絡まる個別銘柄株より、直接的でわかりやすいかなぁ~と思いまして。

No title

おっしゃる通りですね。そっちの方も奥が深そうですね。   
プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。