スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海航空の機内で ― オチョリンの独り言

最近中国へ行ってきました。

成田から上海までは日系の航空会社で。上海からとある地方都市までの国内線では上海航空を利用しました。

上海航空は4年くらい前に一度乗った事があるのですが、今回久し振りに国内線に乗ってふと錯覚を覚えたのは、これって日本の国内線の雰囲気と同じゃないかって事でした。乗っている中国人の服装というか雰囲気が限りなく日本人のそれに似てきたなという印象を持ったのです。服だけでなく、例えば若い女性の髪形を見てもかなり日本人に近く思いました。勿論これはオチョリンの感覚で感じた事ですから、見る人が見れば違うのかもしれませんが。
オチョリンは20年前以上に汽車で中国国内を旅行したことがあり、その時の印象があまりにも強く残っているものですから。勿論その20年前の当時の日本人のファッションも今と全然違うのですが、その時からの変化率というと中国の方が間違いなく大きいですね。まだ当時の中国では人民服着ている人がまだ結構いましたからね。

その上海航空の離陸後、座席ベルト着用サインが消えてからの事、オチョリンの後ろの席が少し騒がしくなりました。
奥さんと4-5歳くらいの子供連れのオジサンが上海航空のクルーと大声でやりあっているのです。 
最初は一人のクルーと話していたのですが、それがだんだん増えてきて、最後は女性のCA3名、非番で乗っていた男性のCA2名がそのオジサンと何か口論になっているのです。

そのフライトほぼ満席だったのですが、非常用出口の列の3席だけ空いていたのです。航空会社が意図的に空けている感じがしました。
この家族3人はお母さんと子どもの二人、そして、オジサンと別々に座っていたのですが、家族3名で隣通しで座りたかったオジサンが、幸い3席空いているのを見つけ、勝手にその席に移動しちゃったのです。 日本でも離陸後の席移動する人見かけます。 ただ、今回何が問題かと言うと、これを読んでぴんとくる方も多いかと思いますが、飛行機の非常用出口のある席は緊急時に手伝いをする事が求めらる為、子供が座る事は出来ないのです。 残念ながらオチョリンは中国語ができませんので、彼らの会話を理解したのではありませんが、明らかにこれがもめている理由であることは明らかです。

上海航空のCAは「お客様、この席はお子さんはお座りになる事ができませんので、元の席にお戻りください」とかなんとか言っていたのだと思います。 一方、オジサンの方は、「別に空いてるんだからいいじゃないか。家族3人で座りたいんだ!」のノリで反論していたんだと察します。
このオジサンCAの説得にも応じず、やり取りは10分近く続き、機内でみんなが興味深々見ています。その間、飲み物もサービスも停止で乗客みんないい迷惑です。

最終的には、このオジサン家族の二列後ろに座っていた、白人の老夫婦とその隣の若いお兄ちゃんの3名が、その家族と席を替わる事で解決したのです。

また、その非常用出口の列の席は、普通の席よりスペースが広くできており、事故さえなければ快適な旅を過ごすことができるはずの席なのです。そんなこともあり、このオジサンせっかく占領したこの3席を明け渡したくなかったのでしょうね。 最後の最後まで一人で大騒ぎをしていましたので、「事故なんかそうあるわけないだろう。あるんだったら、そもそも上海航空なんか乗ってやるもんか!」とか何とか言ってたのではないかと察します。

ここでオチョリン思いました。 果たして、日本でもこのような事が起きるかと。 

帰国後、会社にいる仲の良い中国人の友達にこの事を話すと、彼女は言いました。
自分の国の同胞のマナーの悪さは大変問題であり、それはこれからの中国にとって大きな課題であると。

まあ、この上海航空のオジサンは、せっかく楽しみにしていた旅行、家族で一緒に並んで座りたかった(飛行時間3時間以上)のだと思います。

その後も、実はこんな事がありました。機内後方にあるトイレの列に並んでいたら、突然小学生低学年の子供がオチョリンとその前のおばさんを抜かして、トイレに入ってしまうのを目の前で経験しました。 その時オチョリンが瞬間的に思い出したのは、中国では一人っ子政策の為、子供が非常に甘やかされて育っており、非常にわがままに育っているという話を。オチョリンの前で並んでいたおばさんも注意もせずその子にトイレを先に使わせていたので、悲しいかな中国語のできないオチョリンは注意する事も出来ず終わってしまいました。多分、日本でこのような事が起きたら、オチョリンは何らかの注意をしたのだと思います。まあ、「オジサン、我慢できないから先に行かしてよ!」とか言ってきたら話は別なんでしょうが。

じゃ、日本人が必ずしもマナーが良いかというと必ずしもそうではないですね。 例えば、いまだにたばこの吸い殻を道に捨てる人見ますしね。。。 

二年くらい前の羽田空港の手荷物検査の列での事ですが、50歳後半くらいのビジネスマンが、オチョリンの後ろからやってきて、オチョリンを抜かして先に行こうとするのです。 いかにも俺は偉いビジネスマンだから俺が先に行くのは当然だ、みたいな勘違いな態度なのです。まあ、急いでいるのなら、せめて「急いでいるのでごめんなさい」というべきですよね。

東京の地下鉄でも、人にぶつかって何も言わないマナーのない人結構いますからね。

で、結論はなんだってですか?

すみません、結論は特にありません。 

単にオチョリンの独り言でした。

  
    
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。