スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流動性の全くないモンゴル株

タバントルゴイ社は、現在モンゴル証券取引所上場している会社の中で最も時価総額の大きな銘柄です。  昨年の11月1日に470,000MNT(30,000円)であった株価は今年の2月25日には1,439,000MNT(約9万円)の高値をつけました。4ヶ月でほぼ3倍上昇です。 その間のすべての商いはたったの1億3600万円です。出来高は多い日で数百株。 ほとんどが、1日数十株。一日に一株の商い(つまり一日の商いは24,000円程度)があったのは計7回です。
商いが全くなかった日もあります。そんな状況なのですが、その4カ月間でタバントルゴイ社の時価総額は320億円も増えました。

tt
TT

どれだけ流動性がないかお分かりになりますか?

2月25日にピークを付けたのち、この銘柄は大きく調整する事になります。
6月3日には株価は45,000円まで下落しました。
その間の商いの合計は1億2000万円です。

株価が上がった時と同じように、3ヶ月たったの1億2000万円程度の商いで、時価総額が250億円吹っ飛んでしまったわけです。

このレバレッジは凄いと思いませんか?

もっと凄いのがあります。


suu
SUU


菓子会社のSUU社の昨年7月9日の株価は3220MNT(197円)でした。発行済み株式数は343996株ですので、その時点での時価総額はたったの6700万円程度でした。
そのSUU社ですが、今年の3月7日にはなんと70,000MNT(4487円)の高値を付けたのです。8か月で時価総額は22倍の15億円へと増えたのです。
その間の商いはたったの135万円です。
つまり、たったの135万円で、株式市場で14億円以上の価値をクリエィトしたのです。

そんなマーケットなんです。 モンゴルの株式市場は。


by ochorin



御参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします
  
    ↓

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。