スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のモンゴル株市況 (8/1/2011-8/5/2011)

モンゴルではMSE20というモンゴル証券取引所が発表している株価指数以外に現地の最大手証券会社BDSECの発表しているBDS 指標というのがあります。 世界中の株式市場が大暴落する中このBDS指標は、先週一週間でたった0.9%の下落でした。外国の機関投資家の参加がない市場はこういう良さがあります。持ってないから売れませんからね。ショートもできませんしね。市場全体の時価総額は先週一週間で0.8%の下落、約1380億となりました。先週一週間の商いは一日当たり1696万円程度です。 たったの1700万円ですが、これでも昔と比べると結構増えました。

bdsecindex.jpg


石炭大手の一社であるShivee Ovoo株は一週間で14%上昇し、現在モンゴル市場で時価総額最大の企業となりました。もともとは、石炭大手の一つのタバントルゴイ(大騒ぎされているTTとは別物)社の株が最大手だったのですが、現在100対1の株式分割の手続き中で現在タバントルゴイ社の株式は取引停止になっており、Shivee Ovoo社がその間抜いてしまいました。Shivee Ovoo社の時価総額は現在約274億円です。タバントルゴイ社の取引が再開されると、タバントルゴイ社がまたShivee Ovoo社の時価総額を抜いてくると思います。

実は、Shvee Ovoo社とBaganuur社は国営企業なのですが、つい最近まで赤字企業でした。彼らの生産する石炭は火力発電の為に使われているのですが、電力価格はモンゴル政府により規制されており、彼らの石炭価格も政府に規制されていました。
それが少しずつ値上げが許されるようになり、直近の決算では、この二社はそれぞれ8億円、5億円程度の利益をだせるようになりました。

一方、同じく石炭大手のSharyn Gol社は民間企業であり、上の国営二社と同じくらいの石炭の埋蔵量を誇っているようなのです。 直近の専門家による報告書によると、埋蔵量は今までの3倍、石炭の質も今まで思われていたより良い事がわかりました。 会社はこの新たに発見された石炭の採掘を行うため、株式市場で資金調達を行うべく準備をしています。

炭鉱でのアクティビティが活発になってきているわけですが、コンクリートの需要が増えてきています。
REMICON社はコンクリートを生産しています。
こちらも新しく工場を建設する為に、これから数か月以内に株式市場で公募増資を行う予定です。

最後ですが、このブログでも何度か紹介しましたSUU社株は先週一週間で32%上昇。
ベルギーの投資会社が工場の生産キャパシティと技術の向上の為1億6000万円程度の投資を行った事が理由にあげれれています。ただ、オチョリンが何度も説明していますとおり、商いは大したことないですがね。

以上、現地BDSEC社からのレポートをベースにオチョリンの解説をいれてお伝えしました。

by ochorin


参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      ↓
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。