スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オチョリンの投資(投機)失敗談

オチョリンの失敗談

AIGの話を読んで頂いて有難うございます。AIGの件は本人もすっかり忘れてました。
AIGの件でとあるカナダ株銘柄の失敗談を思い出しました。

オチョリンは普通の投資はあまり興味がありません。どちらかというとコントラリアン的な投資が多いです。
投資期間は3-10年くらいを目安にしています。
3年で倍、10年で数倍になる海外の投資を探しています。
ですので正直言うと今回の昨年末からの日本株の大幅上昇の恩恵は殆ど受けていません。
海外でも多くは新興国、フロンティアマーケットが殆どです。サブアフリカの株式市場も1990年の半ばから投資をしています。

リーマンショックの際は、米シティグループの1ドル割れ(株式併合後10ドル)を拾うなど成功もありましたが、一方でオチョリンの投資人生で最大のミスをしでかしました。投資というか投機と言った方がこの場合正しいかもしれません。

景気悪化の局面で株価が最も下がるのはいわゆるシクリカルな銘柄群となります。
業種でみると例えば化学、紙パの銘柄です。
リーマンショックの際、オチョリンはこの紙パの銘柄群に目をつけました。
景気が悪化する局面ではこういった銘柄は大きく下落する一方、最悪の期を脱する局面では大きくリバウンドすると考えたからです。そしてその場合ボロ銘柄であればある程下落幅も大きくリバウンドも大きいと思いました。

そこでオチョリンは、2008年後半シクリカルで面白そうな銘柄を探しました。
シクリカルで代表的な銘柄として、ダウ・ケミカル(NYSE: DOW), インターナショナル・ペーパー(NYSE: IP)などがあるのですが、あえてオチョリンは北米3位の紙パのメーカーであるアビティビ・ボーウォーターというカナダの銘柄を少しずつ買い始めました。

株価は株価指数が下落するにつれ大きく下落し始めました。オチョリンがこの銘柄を買うと決めた際最も注意したのがこの倒産しないだろうという事でした。知り合いのアナリストの分析によると倒産はあり得ないというものでした。
インターナショナル・ペーパー株と比べアビティビ株の下落率は前者の下落率を大きく下回るものでした。
オチョリンは下落の局面で大きく買い下がり平均取得株価を下げかなり大きなポジションを作りました。景気が最悪期を脱し、株式市場が底をつけ戻り始めるとアビティビ株は爆騰するはずでした。少なくともオチョリンはそう信じていました。
ところがこの会社は2009年4月に米国で言う所の破産法11条を申請、そう倒産してしまったのです。負債比率が高く、債券の格付けはかなり悪かったのです。
最悪の業種の中で最悪と思われた銘柄を選んでしまった事が失敗の最大の原因でした。

今回の失敗の教訓は、このような場合は最悪のセクターの中で、最良の銘柄を買うべきでしたね。もしくは、最悪のセクターのETFを買う事でしょうね。 インデックス、よって、ETFは倒産しないでしょうからね。

ちなみにブルーチップであるインターナショナル・ペーパー社の株は2008年4Qの高値は30ドル超えから2009年1Qには5ドルを下回る局面があったのですが、4年経った今の株価は46ドルです。しかも現在の配当利回りは2.6%ですから、5ドル近辺で株価を買い集めたとするとその株価を基準にした配当利回りは24%となります。 

オチョリンにとって痛い教訓でした。

by ochorin



参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。