スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル株アップデート

久し振りにモンゴル株のアップデートです。

タバントルゴイという(報道で話題になっているモンゴル政府保有のタバントルゴイ(TT)でなく、このTTの近くにあるミニTTと呼ばれている)モンゴル証券取引所に上場しているモンゴル証券取引所上場のベンチマーク的な石炭の会社ですが、こちらの株は今年5月には1861MNTだったのですが,それが今日の引値は3797MNTとほぼ倍になっています。モンゴル証券取引所指数も5月の最安値である13182から今日は14756と最安値から12%上昇しています。

モンゴルでは今年の後半からモンゴル南部のゴビ砂漠にあるオユトルゴイという銅山から銅と金の生産及び輸出が開始されます。勿論その行き先は中国です。80キロ離れた中国との国境まで次から次に大型トラックが大量の銅を運んで行くのです。その影響で輸出が増えモンゴル通貨であるツグリグが対ドルで上昇すると言われています。実際5月29日に対ドルで1444MNTを着けたツグリグはリバースした感があり今日は1437で引けています。
それはどういう事かというと、モンゴル株に投資をすれば為替でも今後大きく取れる可能性があるという事です。  今が現地通貨の最安値ですから。

モンゴル株の動向を見る上で大事なポイントは、モンゴル株は先進国の株の動向と殆ど相関性がないという事です。昨年11月からの日本株のラリーはモンゴル株にとって全く影響が有りません。という事は、日本株が下落してもそれもモンゴル株には全く関係ないという事です。

最近モンゴルでは新しい証券法が定められました。
これにより今まで懸念となっていた外国のカストディアンが認可される事になるようです。そうすると今までモンゴル株の投資が出来なかった外国の機関投資家もモンゴル株の投資が出来る事になるのです。そうなるとモンゴル株式市場に取って新たな展開が始まるのです。

6月の頭には米国のヘッジファンドのグループによるモンゴル企業訪問のツアーが行われます。オチョリンも招待されたのですが、生憎仕事の都合でいけませんでした。
そのヘッジファンドマネージャーの数人でもこの市場に興味を持ち投資を始めれば、彼らの市場に与える影響は計り知れません。 誤解の無いように言いますが、これはあくまで一情報であり、だからモンゴル株を買いましょうという意味ではありません。

オチョリンはモンゴル株を2006年から保有しています。少しずつ少しずつ買い増しています。
今売るつもりは全く有りません。来年も売りません。 売るとすれば2020年にポートフォリオのチェックをしてからです。モンゴル株の投資をするという事はそういう事だと思っています。毎日毎日株価のチェックをするような投資でそれほど儲かったためしはありません。目先の利益ではありません。ピータリンチの言うテンバガーを目指すのがモンゴル株のようなハイリスク、ハイリーターンの投資のゲームだと思っています。

株式投資は自己責任で。


by ochorin



参考になりましたら、どうぞワンクリックをお願いします      
    ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。