スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク・モビアスがついにモンゴル株投資か!?

以前紹介しましたモンゴル株ですが、なんとあのテンプルトンのマーク・モビアスがモンゴル株の投資を検討しているという事実が判明しました。


これはモンゴル最大手のBDSEC証券↓

head_mn.jpg

のHPに紹介されたものです。

 mark_on_web.jpg
(ウランバートルの企業訪問中のマークとそのチームメンバー、及びBDSEC証券の社員の方)

マークとそのチームは5月の後半にモンゴルの首都ウランバートルを訪問し、

BDSec,

Khukh Gan,

HBOil,

Sharyn Gol,

Genco Tour Bureau,

Gobi,

Telecom Mongolia,

Makh Impex,

Material Impex,

Talkh Chikher,

Eermel,

Hotel Mongolia,

Bayangol Hotel,

Baganuur,

Moninjbar,

NIC,

Spirt bal buram
などの上場企業訪問を行ったんだそうです。

テンプルトンは、モンゴル株については、時価総額やリクィディティの制約がある為エマージングマーケットファンドで投資をするのではなく、エマージング小型株ファンドで投資を検討するという事です。

最近の世界の株式市場の値上がり方をみると、

世界景気も最悪の時期は通り過ぎた事を示唆しているかのようです。

もし、世界景気が回復するのであれば、資源国であるモンゴルも恩恵を受けるはずです。

そうすると二年前のようにモンゴル株にもブルマーケットがやってくるかも知れませんね。

リクィディティのない市場ですから、上がり始めたらもうどうにも止まらなくなるかも。

by ochorin



モチベーションアップの為、以下のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 

banner_22.gif

ランキングはこちらをクリック



スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。