スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大バブルはくるのか? モンゴル株 (2)

1日1回の応援クリックをしてから見ていただきありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 




UB+at+night+org_convert_20090606094941.jpg  
    ↑ウランバートルの夜景

18日に、モンゴルの将来を大きく左右する臨時国会が、二日間に渡り開催されますと書きました。

詳しくはこちらをクリック

もう二日たったのですが、今だ話し合いが継続中です。 白熱した議論が行われています。

二日目(金曜日)の夕方にでも、国会議員による投票があり、それで決まるとばかり思ってました。

まあ、そんな単純なもんじゃないんですね。 当たり前といえば、当たり前ですよね。

マーケットの反応はどうでしょう。

当事者である、カナダ企業のIvanhoe (アイバンホー NYSE: IVN)の株価は18日の引けから金曜日までに3%の上昇と、株価はしっかりです。 様子見なんでしょうね。

モンゴル現地株のインデックスであるMSE Top20は2.6%の上昇です。
21日の出来高はたったの162、000株、金額にして約690万円程度です。

また、3か月物の政府債の利回りは9.75%です。

来週は、ロシアのメドベージェフ大統領がモンゴルを訪問します。
表向きは、ロシアとモンゴルの何らかの記念祝典のお祝いという事のようですが、
実はモンゴルに埋まっているウラニウム鉱山の開発に向け、モンゴルとロシアのJVの設立というのがあるそうです。 ロシアもモンゴルの資源には目を付けているのです。

さあ、議会の議論の結果は?  来週には結論がでるのでしょうか?
世紀のブルマーケットはやってくるのか?!

株価へのインパクト(%の変化率)という意味では、日本の選挙よりインパクトがあります (笑)

読んでいただいて有難うございます。

是非, One clickお願いします ↓
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 






by ochorn
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。