スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国A株、これからどうなる?

1日1回の応援クリックをしてから見ていただきありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 




アメリカ株が上がって終わると、次の日にはアジア株が上昇。

そして下がると下落。

日本株に至っても同じです。 特に日本株は先進国の市場の代表格のはずなのに、

恥ずかしいくらい主体性がありません。 

ま、今の政治がそれを物語っているんでしょう。。。

そして、最近では、中国A株が下がると、世の中の投資家が不安になるという状況ですよね。


今月8月初旬には年初からの高値(3651ポイント)をとった上海A株指数, 本日は1.1%上昇。

3141ポイントで引けました。

先週月曜日の安値(3013)からは、4.3%リバウンドしています。

これで、直近のボトムは確認できたんでしょうか?


てな訳で、今後の中国株の見通しを探るべく、
中国株の事は中国の人が一番知っているだろうと思い、
中国大手証券会社の一社である中国招商証券の友人Dさんに市場の見通しを聞いてみました

中国A株の市場は、限りなくほとんどのプレイヤーが中国人です。 

いわゆる外人投資家の参加は微々たるものです。

そういった中、市場の事をよくわかっているのは中国人です。

Dさんの会社、昨年秋口A株強気になりました。



以下はDさんのコメントのサマリーです。

A株の調整があったがこれは短期的な事。
 
投資家の利食いが理由で下げているだけ。

中国経済のファンダメンタルの基調に変化はなし。 

A株はここからリバウンドし、上昇すると思う。

8月の(中国内の)人民元建てのローンは5000億円に達しており、

中国の経済活動は相変わらず活発。

主要銘柄であるICBC銀行(中国工商銀行: 601398)の09年のPERはたったの12倍。 

米国株も堅調 (注 ochorin: 米国株の動向も気にしてるんですね)  

中国の銀行株セクターのバリュエーションは安すぎる事もあり、

市場全体の下落に歯止めをかける効果があるだろう。

中期的には、A株市場については楽観的に見ている。

これは、米国経済の回復が思われているよりしっかりしているからである。

米の景気先行指数は7月は0.7%であり、製造行指数も先月の-7.5%から4.2%へと回復している。

つまり、米国経済は予想より速いペースで回復している様子。

これは、中国株式にとってポジティブな事である。



アメリカの投資家は中国株の動向を意識。  中国人はアメリカ株の動向を意識する。

持ちつ持たれつの関係ですね。

そういった中、日本人の居場所はあるんでしょうか。。。


まあ、そんな事置いといて、中国株いけるんなら、

明日は香港上場のA株のETFでも買おうかな。

Dさん、コメント有難うね。

by ochorin

↓1日1回だけ↓ポチっとして頂くと嬉しいです。 宜しくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 






スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 中国A株、これからどうなる?

momohei-san,
お久しぶりです。 是非パンダ買ってください!  日本株買うよりずっといいですよ!

> Ochorin-san,
> こんにちは。昨日ETFパンダを買おうと思いましたが買いそびれてしまました。
> それにしてもおちょりんさん最近絶好調ですね!
プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。