スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここから金価格は下落か?  ロバート・プレクター

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 



金価格は下落か?


金価格は1オンスあたり$1100を超えてきましたが、そろそろピークではないかという声が出ています。

ロバート・プレクターって知ってますか? 彼は1987年のブラック・マンディ(懐かしいですね)を予期し、当時一躍有名になった著名テクニカル・アナリストです。

そのプレクターが金価格は「天井に近い」との見解を発表しています。

米国時間金曜日の米フォックステレビとのインタビューで彼は、その根拠をいくつか説明しています。

銀価格が金価格の上昇をサポートしていない、ドルが底値をつけつつある、米国株が「割高になっている」などです。

金価格は金曜日21ドル上昇し、1116ドルをつけています。 金は、インフレヘッジとして見られる貴金属ですが、今年の一月の半ばの安値の806ドルから金曜までに38.4%上昇しています。

Anglogold Ashanti (AU), Barrick Gold (ABX)やIAMGOLD (IAG)などの金鉱株も大幅に上昇しました。

プレクターは金価格は抑えがきかなくなってきており、今まで、政治についてしかコラムを書かなかったような人々が、金の話を語り始めていると説明しています。

2001年時点誰も金の話をしなかったのに当時から、金の価格は4倍も上昇、誰もが金を持たなきゃという雰囲気になってますねと。

最近の金価格の高騰は2008年の原油価格の下落したのと同じ運命になるのではと見ています。

「当時は石油が足りなくなるという話があったが、現在は金が足りなくなるという話が出回っている。 物の値段が天井をつけるときには、必ずと言っていいほど、そんな話がでてくす。」 

「株が底をつけた時には、世界の終りという雰囲気があった。今回復モードにあると、SP500指数が667の安値の時には株を買わなかった連中が、指数が1100になった今頃になって株を買ってきている」

では、彼は何を買ったらいいと言っているのでしょうか。

ドルだそうです。

「我々は誰も見向きもしないマーケットを買っている。 現時点未だに唯一弱気なのはドルだと思い。 ドルは反転するのではないかと思っている」


ちなみに10月は対ユールでドルは下落しましたが、先週はドル価格は安定。月曜から3日間のうち2日は動かず。そして、木曜日は0.94%上昇。過去3カ月で最も上昇した1日でした。


但し、彼は今年の9月の初旬、今年3月以降の米株高局面がおそらく終了したとの見解をしていますので、まあ、皆さんご参考程度に。  9月から今までSP500指数は10%程度上昇してますから。

米株がここで暴落するとは思いにくいですが、確かにドルの反転はあるかも知れませんね。

また、彼のコメントは直訳ではなく、意訳になっている所もありますので、ご了承ください。

by ochorin


お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合にはクリックをお願い致します。がんばって書いていますので、どうか応援を宜しくお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ochorin

Author:ochorin
オチョリンです

amazon.co.jp
最新記事
カテゴリ
株ブログ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
amazon.co.jp
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
海外ETFの事なら
ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用
各国政策金利
fx
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。